アレクサンダーウォレットのその後…

8年使用の変化後

今回は以前紹介したココマイスターのナポレオンカーフシリーズ「アレクサンダーウォレット」のその後のお話をしていこうと思います。前回の記事も載せておくので、是非この記事を読む前に見てもらえると嬉しいです!
リンクを貼っておきます。↓の記事を読んでみてください。

この記事を書いた時が丸5年経つくらいのタイミングで今もまだ生きていてくれているので、丸8年くらい経ちました。経年変化がさらに進んでどのような姿になったのか。使用感はどうだったのかということを改めて書いていきたいと思います。

革自体にオイルがたっぷり含まれているレザーなので、お手入れというようなことは特にしていません。
お財布を新しく買い換えたので、そのタイミングでメンテナンスをしたらどうなるのだろう?と思い、初めてこのお財布にコロニルのシュプリームクリームを塗ってみました。

初めてメンテナンスをしてみたら…

少しドキドキしながら、ちょっとずつクリームを塗ってみると革に油分が革に吸収しやすいのかクリームの伸びは悪く、すぐに革の中に入り込んでいっているようでした。
全体に塗ったあと、10分ほど浸透させるために陰干しをし、コロニルのポリッシングブラシでブラッシングしてみました。
すると…今まで少しマットな表情をしていたお財布が光沢感のあるツヤツヤなお財布に変貌しました。革の毛羽立ちが油分を与えたことでより寝込んだのか質感も変わったように感じました。よりツヤツヤとした感じに育てたいならクリームを塗るのもいいと思います。
ただ、ナポレオンカーフ特有の質感やマットさが好きという人だったら、あえて何もせずに触って使ってあげるだけでもいいのかなーと思いました。

実際に使ったメンテナンス用品の紹介

艶々にしたいならクリームがあるとGood! 毎日のメンテナンスならブラシが1番! クリームを塗るときにオススメ!

9年目になった現在の姿

革製品なので使い方次第で育ち方は違ってくると思いますが、少しでも参考になればいいと思うのでどうなっているか写真を載せていきます。6年目で載せた写真とは差が分かりにくいかもしれませんが、質感は変化しています。

アレクサンダーウォレット9年目の変化後(表面)
アレクサンダーウォレット9年目の変化後(背面)
アレクサンダーウォレット9年目の変化後(内側)①
アレクサンダーウォレット9年目の変化後(内側)②
アレクサンダーウォレット9年目の変化後(内側)③

まとめ

新品の頃から考えると全く違う表情に変貌しています。使ってきた感想としては買って本当によかったと思います!このお財布をきっかけに革製品が好きになったので!
柔らかい革が好きでちょっと変わった質感が好き!革製品をあまり使ったことがなくて変化を楽しんでみたい!という方にはとてもオススメだと思います。


【伝統職人】【COCOMEISTER(ココマイスター)】ナポレオンカーフ・アレクサンダーウォレット

商品ページも貼っておきます!カラーもたくさんあるのでプレゼントなどにも選びやすいと思います。お財布の形がちょっと…っという方もお財布の作りは同じシリーズで他にもあるので、いろいろ見てみてください。
もし、使用感など知りたいことなどがあればコメントして頂けるとお答えできるので参考にしてみてください!

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です